FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    嫌いな人から逃げることは正しい

    1108.png


    患者さんを診ていると、人間関係のストレスが起因して体調を崩されているのかな…と思う事が多々あります。

    「嫌いな人」とどう付き合っていくか?これはかなり生きていくうえで重大なテーマです。

    千鳥は社会人になりたての頃、この点で悩んでいました。
    が、内田樹先生のあるブログ記事を読んで目から鱗が落ちました。

    記事全文はこちら↓
    コミュニケーション論二題

    特に腹に落ちた部分を一部引用します。
    お悩みの方は、ぜひ記事全文を読まれることをおすすめしますm(__)m

    「嫌いな人間」を我慢して、「この人にもそれなりにいいところがあるんだ」とか、「嫌いな人間を我慢して受け容れることが人間の度量なんだ」とか自分に言い聞かせ続けていると、「何かを嫌う」という感受性の回路が機能を停止する。
    だって、我慢している状態を「我慢している」と絶えず主題的に意識していたら、つらくて心身が持たないからだ。
    これは我慢ではない。私は平気だ。私は何も感じない。

    …(中略)…

    そうやって自分自身を騙すことなしには、我慢は続かない。
    だが、恐怖と嫌悪は生物の生存戦略上の利器である。
    「嫌う」回路をオフにするということは、コミュニケーション感受性をオフにするということであり、それは思っている以上にリスキーな選択である。

    …(中略)…

    「我慢する人」は、日々のコミュニケーションの中で行き来する非言語的シグナルの多くを受信できなくなる。
    「こんにちは」という挨拶ひとつでも、それが儀礼的なものなのか、愛情や敬意のこもったものなのか、憎悪を蔵したものなのか…それを表情や速度や発声や姿勢から見分けることができなくなる。
    「話の通じないやつ」「場の読めないやつ」というのは、要するにコミュニケーション感度の低い人間ということなのである。

    コミュニケーション感度は生得的なものではない。
    人は「イヤな仕事、嫌いな人間、不快な空間」を「我慢する」ために、みずから感度を下げるのである。
    だから、「嫌いな人」と付き合ってはいけない。
    じゃあ、好きな人とばかり付き合えばいいのか、気の合う人間とだけつるんでいればいいのか、そんな手抜きな生き方をしていて、人間的成長や他者への共感や想像力は育つのか…といきりたつ方がいるかもしれない。
    それは短見というものである。

    「気の合う人間」なんて存在しない。
    「好きな人」なんて幻想でしかない。

    これもまたあなたの生物学的なコミュニケーション感受性が選別している「コミュニケーション資源を優先配分した場合、リターンが比較的確実であると見込まれる個体」というにすぎない。
    感度の悪いラジオで地球の裏側の短波放送を拾おうとしても無理である。
    そんなことに四苦八苦するくらいなら、きちんと受信できる近場の情報に耳を傾けて、そこから世界の成り立ちと、自分の立ち位置を測定する方が賢明である。





    世の中には「理不尽な人」も存在します。そういう人から逃げるのは恥でもなんでもないですよ。


    腰痛・頭痛・肩コリ・手足の痛みシビレ・自律神経失調症など対応。無料相談いたします。京都千本出水 千鳥整体カイロ院
    整体・カイロプラクティックを学べる。JN整体スクール



    LINEで送る場合はこちら

    ★ハシビロコウLINEスタンプできました

    syomei.png

    購入はこちら ↓
    LINE STORE - 【ハシビロコウ先輩のシュールな日常】
    関連記事

    ⇒comment

    Secret

    プロフィール

    千鳥整体師

    Author:千鳥整体師

    京都に住む女性院長のブログ。
    店舗HP→千鳥整体カイロ院

    施術実績や症例をはじめ、整体・カイロプラクティック・健康・京都のこと・その他よしなし言を書いています。

    【登場人物紹介】
    ● 千鳥(整体師)
    千鳥整体師
    「表の院長」で、整体(カイロプラクティック)をする人。女性だが、女子力的には残念なほうの人。院チョーに若干振り回されている。

    ● 院チョー(院鳥)
    千鳥整体師
    「裏の院長」で、ある日突然現れた鳥。鳥なのに偉そう。ハシビロコウらしいのだが、それを指摘するとお怒り気味。患者さんの前ではぬいぐるみ形態。

    ● ライチョウたん
    千鳥整体師
    患者さんの長野土産「雷鳥の里」と一緒にやってきた「雷鳥の里の精」。なんだかこの院が気に入ったらしく住み着きはじめる。太い足と、困ったような顔がチャームポイント。


    ★院チョーのあれこれは、右サイドバー「症状検索タグ」の「院長日記」で一括して見れます。

    メールは下部「メールフォーム」よりどうぞ。

    今月の営業日
    2014年11月
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    がお休みです。
    メールフォーム

    名前:
    メールアドレス:
    件名:
    本文:

    ランキング
    にほんブログ村 健康ブログ 整体へ


    クリックされると中の人が小躍りします。
    ポチっとボタン
    リンク
    [LINEスタンプ]ハシビロコウあります
    院チョーがモデルになった(?)怪鳥「ハシビロコウ」のオリジナルLINEスタンプです。ハシビロコウ好きの皆さんはお使いください。
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    検索フォーム
    カテゴリ
    症状検索タグ
    最新記事
    月別アーカイブ
    千鳥整体のTwitter
    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。